よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

権限と責任

 

f:id:itomoji2002:20191227143218j:plain


    組織は人により構成されます。組織は役割により、管理職、監督職、一般職に分類されます。

 

 病院であれば、理事長、院長や副院長、事務長や看護部長、診療支援部長といった者が管理者に該当します。その下位に師長や課長などの中間管理職(監督職)があり、一般職員が配置されるという図式です。

 

 それぞれの階層は、病院の運営に対し、その目的を達成するため責任をもち行動しなければなりません。組織構成員全員が組織の運営をそれぞれの役割として担っています。

 

 役割を与えられた者は、その役割を果たす責任を負わなければなりません。ここで役割を規定するものの一つを権限といいます。権限とは、個人がその立場でもつ権利・権力の範囲をいいます。また、果たすべき責任とは、立場上、当然負わなければならない任務や義務をいいます。

 

 権限を得ることは同時に責任をもつことであるといわれます。病院職員は、それぞれがどのような権限と責任をもつのかについて知り、日々の業務を適切に行うことが求められています。

 

 権限は、起案、審査、承認、(実施)、報告という行為に区分されます。

「起案」は何かを提案すること、お伺いを立てること、そして「審査」はそれが組織のルールや目的に合致したものかどうかをチェックすること、さらに「承認」は、審査を経て上程された事案の実施を許可することをいいます。

 

 組織におけるすべての業務はこの3つの段階を経て実行されます。さらにその結果がどうであったのかを、最終権限者に「報告」するということで、ある業務が完結します。

 

 権限の行使をこのフロー以外で行うことはありません。特定事項において上記の何れかの権限を有するものが責任をもち、それぞれの行為を行い、業務を遂行します。

 

 組織は、すべての仕事を洗いざらい抽出するとともに、責任者を列挙し、上記権限を誰が、何時、どのように、行使するのかを決定する必要があります。

 

 そして決めた権限の行使の形体を権限規制に取りまとめ、組織に開示することにより権限(=責任)を明確にすることが求められています。権限を決定し開示、それを遵守させることが組織運営を的確に行うための要諦です。

 

 組織の仕事は、権限や責任が曖昧ではあるものの、実務で慣習化している不文律で動いていることが多くあります。これだと組織の意図していない権限行使が行われる可能性が高く危険です。

 

 一端権限と責任を文章(規程)化したとしても、それを吟味して活用するというより、誰かが当該文章を起点として行動し、それが行動の基礎として使われているものの、常に規程に立ち戻ることはあまりありません。

 しかし、規程が現実に合っているのかという疑問を持つ人が現れたときに検証作業が行われるという意味では、やはり規程があることが有為です。

 

 少なくとも権限規程をつくる→業務を行う→時々検証する、というながれをつくれると、組織の意図した権限行使が行われると考えています。