よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

仕事のムダを排除するために

f:id:itomoji2002:20200505215043j:plain


 ムダとは、不必要なこと、いらないことを言います。仕事でいえば、その仕事をしなくても、仕事の目的が達成できることや、手順を少なくすることと考えれば分かりやすいでしょう。

 

仕事のムダをなくすためには、いま各職員がどのような仕事をしているのかを調べてみる必要があります。まずは、個人個人が仕事のたな卸を行うことがよいでしょう。

毎日どのような仕事をしているのかをリストに書き出してみるのです(課業分析が必要です。なお、課業とはある職業で行う仕事を分解し、具体的に行う内容を記述したものをいいます)。

 

次に、たな卸をした仕事のマニュアルを作成します。少なくとも手順は書き出さなければなりません。

 (1)リストに書き出した仕事は必要な仕事かどうかを考える

 (2)仕事の手順を簡素化するために何をしなければならないのか、をチェックする

ことが良いと思います。

(1)は、他の仕事で代替したり、止めても仕事に滞りがないことを確認します。書類作成でいえば転記や、そもそもその書類が必要あるのかを検討します。手書きの書類をなくし、作業時間を短くすることや、転記作業をなくし書類をコピーして添付すること、書類のフォームを簡素化し、チェックマークを入れるだけで書類作成が完了するなどのやり方を導入することがその事例です。

  ある病院では入院時の受付を外来で行い、患者が病棟にあがってからまた同じようなアナムネ(患者の既往歴)をとっていましたが、外来で行ったものを病棟に渡すことで、病棟の業務をなくしていました(もともとなぜ2回とるのか、問題ですが)。また、他の病院では経理の経費支払いを随時から週2回に変更し、効率をあげていました。つまらないことのようですが重要な視点ですね。

 

(2)では、もっとはやく処理できる方法や、書類のフォームを考えます。また作業を自分達ではなく、外部に委託することでコストを削減し、他のより付加価値の高い業務に自分達の時間を移行できるかどうかを検討します(業務委託は既に、医事業務や検査、リネン、電話交換でよく行われており、なじみがあります)。

 

 消耗品を常に同じ棚で定数管理することや、調剤を行い易いように薬局の棚や作業台の場所を移動する、自動分包機を入れる、自動アンプルピッカーを導入する、検品検収作業を書類にチェックを入れることからバーコードに変更し、時間の短縮を図ることや、在庫をもたないSPD化することが該当します。 

 なお、感心したことに、オペで使うペアン等の鉗子にQRコードをつけ、オペ・医師毎に変わる準備や、オペ後のカウント管理で劇的に時間短縮を図る改善の事例もあります。

 

 これら事例以外に多くのムダとり事例があります。ここで挙げた事例は、やって当たり前の事例だよね、と考える読者であっても、原点に戻り、もっとないか、まだあるのではないかと、再度自院の分析を行い、職員ができるだけ付加価値の高い業務に従事できるようマネジメントしていくことが大切な時代になったと考えています。