よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

考課者訓練について

 情意考課の考課者訓練で、部下をよく見る訓練をすることは、上司が日ごろから部下をどうみて、何を指導するのかという訓練に役だちます。
 情意考課は、仕事に対する姿勢や態度、責任といったものについて評価し、被考課者を考課するものです。

 ただ、能力考課を行うときには、職務基準に記載された各課業がどこまで現場で役に立つかたちでできあがっているのかというところでトレーニングをしなければなりません。

 それはとりもなおさず上司がその仕事を知悉(ちしつ)していなければならないことを意味しています。仕事が他の誰よりもできるという状況をつくりあげていくことが必要となります。そのうえで、

 ①評価者が、現場の課業をすべて、あるべきかたちでできる力があるのか

 ②評価が公平にできる目をもっているか
といったことが上司に教育される必要があります。

 スタッフのトレーニングというよりも、考課者上司のトレーニングが行われることになっているかどうかが問われることになります。上司は、
 Ⓐ職務基準を理解している

 Ⓑ個々の課業について、また全体のつながりについて理解している

 Ⓒ現場でそれがどのようなかたちで行われるのか、また活かされるのかを理解している

 Ⓓ職務基準をみたときに、現場でどのように仕事を進めていけばよいかを理解している
といったことへの支援が行われることが必要です。

 いろいろな病院を見ていると、まだだま職能等級制度を導入している病院や、考課者訓練を行っているところはまだまだ少ないようです。人を評価するということは、課題発見のためであり、教育の基礎とすべきものです。処遇に結び付けるのは、組織運営の公平性公正性を担保するためなので、次のステップでも構いません。
 まずは、課題発見を網羅的に行うことが必要です。

 考課者訓練は、制度運用を適正に行うために行われます。評価の多面的な展開を行えるよう制度構築をしていただければ幸いです。