よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

忘れられた東京タワー

イメージ 1

栄枯盛衰はどこにでもある。以前は栄えていたけれども今はもうその役割を果たし衰えているものをいう。

芸能人やスポーツ選手、企業や産業もその例はあるし、インカまで遡らなくとも、炭鉱の町や工業都市などもそう語られる対象である。

永遠に栄え続けるということはなかなか難しいし、ライフサイクルというものは時代や文化、思考や流行などさまざまな外的要因により左右されるのであるから致し方ない。
ものごとには良い時もあるがそうでないときもある。場面が変わりまた役に立つこともあるし繁栄することもある。

例え表舞台にいなくとも、何かを支えていたり、裏方に回り見えないところで力を発揮していることもある、理解するのが適当だ。
というよりもすべてはそうしたものだという達観も必要なのではないかと思う。前提がそのようなものであるとすれば、何も一時期力を失ったり風向きが悪くな表舞台から引き下がるのも悪くはないことに気が付く。

臥薪嘗胆、捲土重来というわけではないが、いつかはまた時期がくる、さらに力をつけて次を待つというという姿勢をもって生きていくことが必要だ。

繊維から食品、食品から薬品といった経過を辿り復活した企業もあるし、花札からゲームの世界に入り大きくなった企業はつとに有名だ。
脇役であるとき急に復活して皆を楽しませてくれる役者さんもいるし、歌手もいる。隣国の韓国なども一時期は破綻の道を歩みながら大いに復活し、それを発条として大きく復興している国だということも忘れてはならない。

さて、日本である。日本に栄えた時代があったのかということについては検証が必要ではあるが、成長過程において盛り上がったことは事実である。

しかし高齢化や少子化に手を打ってこなかったことや、時代に甘んじて本当の意味での戦略的な国家運営を行ってこれなかったということもまた歴史である。

国民はあまり意識していないかもしれないが、大変な国情になっている。貧富の差は激しく、国民全体に活力がない。本日人事労務課の机の上に置いてあった労務関係の雑誌には、日本の生産性は先進国のなかでも下位にある、という記事が特集されていた。

日本が復活するのか、このままのたれ死んでしまうのか。

若年層人口が少なくなる現状において、我々は何をしていけばよいのか。どうすれば復活するのかを真剣に考える必要がある。

国を動かすエネルギーは国民にはなさそうだが、自分の立ち位置で最高のperformanceをすることは誰にでもできる。

例えリーダーは存在しないとしても、一人ひとりが意識を変えることは可能だと思う。思いを持ち、意識をもって、誰が牽引するのではなく自らが自らを鼓舞し力を振り絞り、時代に抗う必要があるのではないか。
懸命に生きることでそれが可能であるのであれば、多くの人がそうしているかもしれない。ただ、まだまだやることはあるのだと思う気持ちもある。

東京タワーが震災のとき、激震のなかアンテナを損傷した。これは少し前の写真ではあるが、未だ修理はされず、その部分の照明は消えたままだ。課題があるし光り輝いていないのに手をつけることができていない。
 スカイツリーも影響しているに違いないが、東京タワーのアンテナはとても象徴的だ。日本の現状と重なるところがある。

 衰退したままで日本を終わらせないために、一人ひとりが立ち上がる。少なくとも私の周りには危機感をもって動く人が増えてきている。
まだまだできる。まだまだやらなければならない。常に高い意識をもって闘い続けることが求められていると思う。

 ①誰にも負けない(自分の)強みは何か
 ②それらを絶対に目立つ非凡さ(purplecow)にまで高めているか
ということの確認。

 そして、
 ③社会貢献したいという哲学が基本にあるか
 ④財よりも他者の喜びを糧とすることができるか
といった精神性が心底になければならない。

 私たちは、自分をそして日本を忘れることはできないのである。