よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

病院マネジメントの基本

 医療機関におけるマネジメントの基本は、業務フローの明確化、標準化と適切な実施につきます。縦割り組織で成り立つ病院であったとしても、見通しのきく診療所であってもそれは同じです。

 そこではいくつもの業務フローが重なりあいながら、目的を達成するために活動していますが、
一つ一つを分解してみると、それぞれの職種によるフローが確立していて、それらが鎖のようにつながりながら、全体の活動が行われていることが判ります。

 そもそも対象者は患者さん一人ひとりであり、そこにすべての活動が収斂することは不変です。

 一人ひとりの患者さんに対し、上記で説明したいくつもの業務フローが、原則として医師の指示のもとで組み立てられ、実施される。そして、その結果が診療報酬として請求されるという帰結をもって医療活動が終了するというかたちをとります。

 他に内部的には職員が働く場所の管理や購買、物品の管理、職員の人事管理が別途行われるというフローはありますが、それらも、前述した患者さん一人ひとりにサービスを提供するために必要な環境であり、それらのフローが確立されなければ、すべてが完結しないという性格をもっています。

 そうしてみるとそれら業務フローそれぞれが、あるべきかたちで標準化され、それを実施する職員において習熟され、適切に実施されることが必要であることは明確です。
 
 なお、とりわけ病院において留意しなければならないのは、個々の業務の連鎖部分です。この部分のマネジメントがうまくいかなければ全体が正しく実施されないことになるからです。

 部署間コンフリクト(衝突)の解消といったコンセプトが生まれた経緯がここにあります。すなわち、多様な組織の業務が、あたかも一つの組織単位により行われているように実施されるよう、仕組みの見直しや、実施者の調整、訓練を行うことが病院マネジメントの重要な部分だということです。

 部署間に発生する課題を解決することにより、多くの不効率が排除され、コストが低減することが理解されています。

 上記一つ一つについて、人がどうすれば能動的に学習し、そして保有する最大限の力を発揮するかというテーマを取り扱うヒューマンリソースマネジメントを基礎として、日々の仕事の組み立てや優先順位づけ、職員の円滑な行動を担保するタイムマネジメント、そして看護プロセス、クリティカルパス、リスクマネジメント、マニュアル、業務改善提案システム等々を扱う業務改革ツール、さらにクリニカルインディケータの管理をも含む、広い概念をもつ管理会計を駆使しながら切り込んでいくことが大切です。