よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

医療の未来

医療の未来は明るい。しかし、患者さんを増やすこと、今ある経営資源で最適の医療を行うことが前提です。

まず、患者さんが来院しなければ、はじまりません。営業が必要です。

あまりよくない評判があれば、様々な方法により、それは払拭しなければなりませんし、またそうでなければ、より一層の活動強化を行う必要があります。

さらに資源の最適化においては、短時間で質の高い医療が行える体制整備や仕事の仕組み作り、そして個人の技術技能向上に向けた取り組みを行うことになります。

診療所であれば、リピート率をあげる。病院であれば新患を増やし、早急治療、早期退院を仕掛けるための枠組みをつくりあげていきます。

そのなかに、コミュニケーションや、マニュアル、そして評価制度、教育といったアイテムが必要となるし、タイムマネジメントや、正確な業務のためのきめの細かい指導が求められることになります。

現場の医療と全体の運営管理が求めらる所以です。