よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

数字がいかに大切であるか

 

 

f:id:itomoji2002:20210130224127j:plain


ある対象は、定性的か定量的かで認識され測定されます。

 

 定性的とは「対象の質的な側面に注目する」ということで、また定量的とは「対象の量的な側面に注目する」という意味で使われています。

 

 仕事においては、できるだけ指示や目標設定は定量的に行わなければなりません。

 

 例えば「この仕事をしておいてね」というのと、「この仕事を30分で、100%終わらせてね」というのでは指示を受けた者の行動が変わります。もちろん、その場合、指示を出す者の見立てとして、明らかに求められる能力があれば20分で終わるとの予測がなければなりません。

 

 指示をされた者が、仕事の内容について、実施の理由や方法を理解し、30分で処理することを受容して仕事をすれば、確実に生産性は上がるでしょう。

 

 時間内にできなければ、その理由を分析し、次に努力するに違いありません。少なくとも指示側とできなかった原因を分析できます。

 

 指示の出し方により、時間が基準となり、成果や仕事の質向上に影響を及ぼすのです。

 

   そもそも企業の経営資源は人、時間、情報、モノ、カネですが、そのなかでもっとも大切なものが時間です。時間軸での思考をもって指示を出すことがいかに大切なのかについて、まだよく理解していない中間管理職が多くいると考えています。

 

 例えばビジネスホテルで、「宿泊売上が減っているので、営業をかけよう」というのと、

 

 「いま利用客が昨年同月対比で12%減少している。それはネット代理店からの申込みが8%、自社HPからの申込みが2%、直接電話での申込みが2%減少していることによる。まずは企画を中心として集客プロジェクトをつくり、1日の申込みを20件とるための企画づくりを開始しよう」というのでは、仕事の精度が明らかに異なります。

 

 とても単純な事例ですが、はじめの指示であれば、焦点を絞り切れず、余計な行動をとる愚を犯すことにもなりかねません。

 

 物事を数字で表し、数字を使い仕事をしていくことで納得性や成果が高まることが分かっています。

 

 もちろん、人は機械ではないので、考え方や理解、能力や得意不得意、性格、その時点の体調、環境が異なります。指示を出す上司は、仕事の質量と部下の定性情報を比較し指示を出さなければなりません。しかし、指示そのものは数字により測定できる成果を求めます。 

 

 どの業種でも同じではありますが、時間にしても戦略行動にしても、数字をどのように扱うのかについての思考がなければ、経営はおぼつかないと認識することが必要です。