よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

数字がいかに大切であるか

 ある対象は、定性的か定量的かで認識され測定されます。
 定性的とは「対象の質的な側面に注目する」ということで、また定量的とは「対象の量的な側面に注目する」という意味で使われています。
仕事においては、できるだけ指示は定量的に行うことがよいといわれています。
 
 例えば「この仕事をしておいてね」というのと、「この仕事を30分で終わらせてね」というのでは指示を受けた者の行動が変わります。そもそも病院の経営資源は人、時間、情報、モノ、カネですが、そのなかでもっとも大切なものが時間です。時間軸での思考をもって指示を出すことがいかに大切なのかについて、まだよく理解していない中間管理職が多くいると考えています。
 
また、「いま入院が減っているので稼働率をあげるために増患しよう」というのと「いま入院が昨年同月対比で12%減少している。それは紹介入院が8%、外来からの入院が2%、救急での入院が2%減少していることによる。
 
まずは連携室を中心として増加プロジェクトをつくり、紹介状を20件とるための活動を開始しよう」というのでは、仕事の精度が異なります。はじめの部分であれば、診療科によっては入院の必要のない外来患者を入院させてしまう愚を犯すことにもなりかねません。
 
このように、物事を数字で表し、数字を使い仕事をしていくことで納得性や成果が高まることが分かっています。どの業種でも同じではありますが、時間にしても、戦略行動にしても数字をどのように扱うのかについての思考がなければ、病院経営はおぼつかないと認識することが必要です。