よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

表彰式に見る結束力

f:id:itomoji2002:20210728143614j:plain


 いろいろな問題を抱えながら、オリンピックが始まりました。

真夏になりつつある気候に多くの外国人が辟易とするなか、日本は期待を超えて、メダルを積み上げています。メダルの数というよりも日本選手の頑張りには目を見張るものがあり、メダルを取る取らないの前に、素直に彼らの闘いに感動します。

ソフトボールもそうでした。勝利の瞬間はあっけないものでしたが、最後までドキドキして試合を観戦しました。前回の北京から13年後の東京大会に多くの北京経験者が残り、ソフトボールをやり続けてきたということに驚くと同時に、日本が強敵である米国に再度勝利する力を持ち続けていたところに畏敬の念を抱きます。

日本が金、米国は銀、カナダが銅という結果の試合後に表彰式がありました。

国旗掲揚の前にメダル授与式です。今回のメダル授与式は、コロナ禍のためプレゼンターから手渡しでもらったメダルを自分でかけるルールになっているようです。

なので多くの場合、表彰式では皆が自分でかけます。ソフトボールは、団体戦なので自国の選手が横にならんで表彰台に上がります。カナダは左端の選手の隣の選手がメダルを受取り、自分の右隣の選手にメダルをかけハグをしていました。日本も同様の対応を行い、しかし文化や習慣の違いからかハグはなかったと記憶しています。

米国はこのやり方をする選手としない選手がいてバラバラでした。当初から皆でこのやり方を決めていなかったのだろうと思いました。

「左端の選手の隣の選手がメダルを受取り、自分の右隣の選手にメダルをかける」方式は、オリンピックに相応しい相手を褒めたたえるという印象があり、適切なものだと思います。自分でメダルを首にかけるのも、自分で自分を褒める、という意味からは良いと思いますが、団体戦であればなおさらチームの仲間を褒める(誉める)ことが必要なのではないかと考えます。

オリンピックのルールとしてこの方法を採用し、これ以外はだめ、とすることはどうかとは思いますが、カナダ、日本の授賞式の光景は少なくともチームとしての結束力を示すものだったと理解しています。

米国は、力がありながら再度日本に負けました。9回裏に何人かの選手が涙目になっているのをテレビ越しに見て勝負に対する執着や気迫は感じられたものの、日本との差が出たのは、適切かどうかわかりませんが、授賞式に見たメダルの取り扱いにみる「チーム結束力」なのではないかと感じた瞬間でした。

なお、ソフトボールはチームでの勝利であり、一体感が求められるスポーツなので、とりわけ、そのような印象があったのかもしれません。

例えば、男子体操は銀メダルのとき「このやり方」はできていませんでした。

体操はソフトボールとは試合の進め方やそもそものトレーニングの内容も異なり、個人競技の集積点で勝負が決まることで、得意分野が異なるメンバーのチームの大切さを感じつつも、選手の思いは自分に向くのかもしれないと一人納得しています。

企業はどうでしょう。同じ目標に向かい途切れることなく毎日試合をしているような人生です。一人ひとりの価値観は異なるもののビジョンや戦略は共有し、チームで仕事をしています。

たまに表彰されることはあってもメダルをもらう機会はありませんが、日々細かく決めた目標や月々、年間の目標のために(もちろんオリンピックの壮絶な厳しさはないしオリンピックになぞらえるのも不遜ですが)我々も皆日々葛藤し勝負しながら生活しています。

チームの仲間として皆で相互を慮り、メダルを掛け合うような関係をつくりあげている企業は強いと思います。

今の日本の職場環境においては誰かれなく、リアルにハグをし合うカナダ方式は問題を生むとしても、米国のチームとしての不揃いな対応ではなく、ソフトボールの表彰式の日本のような行動をとれると良いのではないでしょうか。

自己の鍛錬を行いつつ、一体感をもってチームの一員として他のメンバーとの連携による成果を求め、結束して日々活動しなければならないと、表彰式を観ながら学んだのでした。

夏祭りと思い出

 

f:id:itomoji2002:20210722175853j:plain

真っ青な空の下、うだるような蒸し暑さのなかに、セミの声聞いたり、木陰で微風を感じるとき夏を感じます。ときどきの夕立が空気を洗い流してくれることもあり、この季節は、心爽やかに通り過ぎていきます。

そんな夏の思い出は格別で、春や秋、冬の思い出もあるものの、夏に勝る季節はありません。明るく開放的で気持ちのよい季節にできた思い出は、後に強く残る記憶が多い気がします。

一年のなかで、もっとも長い休みが付いて回ることで、夏は他の時期よりも思い出をつくる機会が多いという理由もあるかもしれません。
 
ところで夏には祭りがあります。「夏=祭り」というイメージです。夏の思い出には、どこかに子供のころ浴衣で行った縁日でのできごとや、友達と遊んだ神社での一コマ、あるいは元気な神輿を担ぐ人々との風景があることに気が付きます。

夏祭りには勢いがあり、しかし、もの哀しい。そんな印象が私にはあります。

 

始まるまでは楽しみでドキドキするけれども、祭りが終わってみると、気が抜けたような空気が辺りに漂うことがあるからです。

「よかったね~」といった祭りの後で湧き上がる感動は、祭りの瞬間のそれよりも弱弱しく、そして次の意欲につながりません。

 

祭りは生活のなかの付加的なものなので、許されるとしても、日々の生活のなかでも、あまり何かに力を入れすぎたり、期待したりすると、それが終ったときに同じような状況になることがあります。
 

もちろん、常に何かに情熱をもち、一つひとつの出来事を楽しむことは大切です。しかし、何かはじめるまでは元気がよく、ひと段落すると脱力するような、一つ一つに執着しすぎる生き方では、起伏のある気持ちが生まれてバランスのよい生き方ができません。


自分のビジョンや目標を明確にして着実に何かを進め、日々の出来事や短期的な成果の良し悪しにはこだわらず、一喜一憂せず、何があっても信念に基づく大きな思いをもって、信じる道を生きることができる精神と気力をもち生きていかなければならないと考えています。

祭りは祭りで、純粋に楽しいし盛り上がるとしても、しっかりと自分の足元を見つめ力をつけた者だけが、「人生」という大きなイベントを、価値のあるものにしていけるのではないかと思うのです。

難しいことですし、その境地にはなかなか辿りつけないとは思いますが、着実に人生でなすべきことに思いを馳せ計画を立て、地道にあることを究めていくこと、力をつけ泰然自若として、自信をもち前に進んでいける、どっしりとした人間になること、

 

そして、人生に起こったすべてのことの一つひとつを思い出として最期に愛でることができる生き方をしていきたいと、今強く思っています。

今と未来をみる

f:id:itomoji2002:20210722180010j:plain


雲海が波打ちながら、境界線の曖昧な青空に吸い込まれるように果てしなく広がっています。これが現実であるのか。この世のものとは思えない不思議な光景です。自然の雄大さや威厳に心を打たれます。

 

しかし、今見ている景色は宇宙の広さを思い、銀河系のなかの太陽系そして地球と見ていくと、とてつもなく小さい筈です。そんな小さな世界を上からみると、自分の目にはとても大きな世界に思えます。「ああ、なんて自分は小さく芥子粒のような存在なんだろう」と気付きます。

 

そして、こうして雲が覆う地球のほんの一部をみても、雲の下に何が隠れているのかを見ることは言うに及ばず、想像することすらできません。

 

私たちは日々何かをしながら生きていますが、私たちの思いが及ばないところで様々なことが起こり、環境は変わっているのにその動きも見えず、また分からず、毎日生きています。

 

結局、目の前だけに気を取られ、その場その場を乗り越えるために懸命に動いているだけなのではないかと振り返ります。

 

現状も掌握していない、いわんや先も見えていないない環境に置かれて懸命に生きるだけでよいのかと、ふと考えるのです。

 

暗雲を突き抜けて覆われているものを見るためには、一歩中に入る努力をしなければなりません。何にも興味をもち強い意欲をもって、ここぞというときには敢えて踏み込み、周りを見渡し、そこで起こっていることを捉え熟考し、今を変えるための行動をとらなければならないのだと思います。

 

地球の動きを変えることはできないし、また世界の不穏な動きや日本経済の衰退も個人では阻止できません。

 

しかし、小さな自分であったとしてもできるだけ自分の目で一歩前に進み、現実をよく見て予測し判断することで、環境変化をより積極的に受け止める。そして、自分のやるべき事を明らかにし次に進めるよう努力しなければならないのだと考えます。

 

今と未来をよく見て自分の行動を変えることが、自らの進む道を正しい方向に振り向けることにつながります。前に進むために今、何をすれば良いのか少しだけ分かった気がしました。

 

天気がすぐれないなか雲海に出会い、とても前向きになれたフライトでした。

 

整然と雑然

イメージ 1

イメージ 2

整然とした金融街である中環(セントラル)と雑然とした商業のエリアである尖沙咀(チムサツイ)にはどちらにも活気があります。

 

ロンドンのシティの一部を切り取ったような金融関係のビルが林立さるセントラルや隣の金鐘(アドミラルティ)の一部には外国人が多く、書類のファイルを手に持ち歩道を颯爽と歩く彼らの姿には勢いがあります。

 

チムサツイにも、アジア・アフリカ系の外国人は多くいます。彼らはそれぞれさまざまな実業を行い、街のなかに溶け込んでいます。

 

海を背にしてペニンシュラの反対側、チムサツイにあるネイザンロード右側には、宝石や時計、薬局、衣料品の店が並んでいて道を右に曲がると更に商店街が広がるつくりになっています。

 

この地域には、さまざまな人種が闊歩し、たむろし行きかい、多様な言語が飛び交い何かをつくりだそう、一旗あげようという勢いが充満しています。

 

どのエリアにも日本人の姿はあまりみかけませんが、金融と貿易、そしてITの街でもある場所の進化は留まることを知りません。

 

街自体がどんどん成長しているばかりではなく、アジアにおける重要な都市として中国にありながら中国ではない、中国に似ていながら独立であり、自由主義であるところが不思議です。

 

最近は香港から中国や他のアジアの国々との連携が行われ、さらに経済圏を大きくしているようにみえます。いろいろなことがある日本ですが、まずは一人ひとりが目標をもち、活気をもって力をつけ、成果をあげるために活動していかなければならないといつも考えます。

 

ただ、香港には税率が低いだけに、社会保障制度が整備されておらず、すべて国民の自己責任。なので、懸命に生きなければ生きていけない国でもあります。日本はその意味で恵まれており、必死になれる何かが欠けているのかもしれません。

 

私たちに何が欠けているのか、よく考える必要があります。整然と何かをするのではなくてもよい、何かを「ざわざわつくり」出し、整理はそのあとでよいのではないかと思います。まずは必至になり動き考え、そして動く繰り返しを皆で始めることを、いま期待しています。

 

という記事を2011年に書きました。いまから10年前のことです。コロナが発生しニューノーマルの時代が到来したと言われていますが、香港国民にとっては、中国の政策転換もコロナに匹敵する環境変化だと思います。香港を大好きな私は、香港が今までの活気を取り戻し、元気になって欲しいと強く願っています。

画一性から多様性へ

f:id:itomoji2002:20210710215818j:plain


時代の移り変わりにより、過去の価値観が役に立たなくなることはたくさんあります。成功体験は、そこに至るまでの当時のプロセスや自己実現の歴史として意味があるものの成功に再現性があるかといえば、疑問が残ります。社会や環境の変化を機敏に捉え、その場その場での対応を行う必要があります。

 

画一的な状況を受容れる人々が多かった社会から、SDGs(Sustainable Development Goals)やそのプロセスであるESG(Environment・Social・Governance)に代表されるような環境への配慮や、個人の思いや価値観、よりよい生き方を尊重し、それらを広く受け止める社会に変化してきたこともその一つです。

 

こうした環境変化があるなかで、組織マネジメントも大きく変化していかなければなりません。19世紀後半に発表された近代マネジメントの原点といわれるテイラーシステムから多くの経営理論が生まれ経営学は進歩し、時代の変化を取り入れてきましたが、日本の組織運営の多くは依然として画一的なマネジメントに依存しています。

 

SDGsやESGへの啓蒙が始まり、まずは表面的な取組みが行われようとしているいま、あるべき形への収斂を求めるのは時期尚早かもしれません。

 

しかし、経済成長を技術革新やDXにより支えながら、環境や人の価値観を大切にしようというながれは益々強くなります。時代の変化を形式的な導入に終わるのではなく、実質的な関わりをもとうとすれば、まずは自社のマネジメント全体を見直すことが必要です。

 

そもそも、人の価値観は時代の変遷や社会の成熟度合いにより影響を受けたとしても、社会が人と人との関係性で成立しているとすれば、人間関係の本質は変わりません。

 

  1. 誠意をもって対応する、
  2. 理解し合う、
  3. 信頼し合う

といったテーマが再確認される必要があります。

 

何よりも、ニューノーマル(社会に大きな変化が起こり、変化が起こる以前とは同じ姿に戻れず、新たな常識が定着すること=新常態)の時代には、これらがより一層強く求められていると考えています。

 

もちろん、例えば働き方改革の背景には、生産性向上への要求があり、ただ「個人を尊重し思いやりをもって働こう」といった表面的な話ではありません。

 

個人の多様な価値観や働き方を認めながらも、

  1. 組織の変革努力により、個人の能力を引き出し、また引き上げる仕組みや仕掛けをつくること、
  2. 個人も自分の価値をどのように高めていくか、という課題に機敏に応えていくこと、

 

が重要です。仕事において組織と個人が協調して新しい高付加価値を創り出す努力が求められているのです。

 

環境を守り、個人の価値観を尊重することと、文明の発展は二律背反するものではありません。社会の要求や個人の生き方を認めあるなかには、人類としてどのように持続性をもって社会を守り心地よい生活をつくり出すということ、どのように進化していくのかというテーマが両立していると考えています。

 

マクロの話になりましたが、個々の企業は、環境問題に敏感になり社員の多様性を受容れったうえで、企業価値を高め社会貢献できるよう、内外環境に適応した組織マネジメントを行うことになります。

 

エンゲージメントの考えに顕著ですが、従来のように個人の価値観を無理やり組織目標に収斂させようとするのではなく、個人の思いを尊重しつつどのように組織目標を達成していくのかを真剣に考える必要があります。

 

トップの柔軟な戦略立案のもと、役割明確化、評価システム、教育システム、、リーダー育成、DXをどのように進め、双方が納得できる仕組みをつくり運用できるのかが、組織の盛衰を決める時代になったのです。

 

画一的な命令系統のなかでの組織行動が有効性を失うなか、多様な価値観をもつ社員からOne on Oneミーティング等を通じてコミットメント(約束)を引き出し、一体化することは容易ではありませんが、どのようにすれば一人ひとりの力を組織力に変換できるのかを考え続けなければなりません。

 

マネジメントにおける画一性から多様性への転換が行われ、肌理の細かい合理的で質の高い取組みが行われるよう我々も研鑽を重ねていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

飛翔そして飛躍

f:id:itomoji2002:20210711235434j:plain


毎日のように医療の現場にいると、常に病院の盛衰に行きあたります。伸びる病院と伸びない病院。そして膝を折る病院と立ち上がる病院。そうした病院の戦略や行動へのサポートを行うことが弊社の役割の一つであることはいうまでもありません。

業績をあげるためには、
 

  1. 診療に特徴をもつ
  2. 合理的な医療を行える体制を整備する
  3. スキルの高い職員を育成する
  4. 手術件数を増加させる
  5. 増患する

といったことが必要です。
自院の医療の質を高め、広く地域に自院の活動を知らしめることが求められています。

 

もちろん、上記5つの意味する内容は奥が深く、その達成を行うためには相当の努力が必要です。現状どのような課題があり、どのように解決していくのかを熟考し内外戦略として整理します。ガバナンスの仕組のなかで、地味ではありますが、5W2Hを決めPDCAサイクルを回し続け成果を挙げなければなりません。

 

目標管理や業務標準化、業務改善や職員教育、評価制度整備などの内部戦略や、マーケティング、医師招聘、設備投資、連携強化、プロモーションなどの外部戦略の採用など、実施すべきことは盛沢山です。

 

なお、例えばDPC病院が利益を出すために採用しなければならない病棟戦略は、

  1. 稼働率を上げる
  2. 平均在院日数を短縮する
  3. オペ件数を増加する
  4. 点数の高いオペ件数を増加する

ですが、病院の業態別に異なる戦略があり、国が求める病院機能をしっかり果たすことが大事です。今と違うこと。いまよりも高い目標にあることを目指し、すべての病院は飛び立たなければなりません。

 早朝、自宅を出て駅に向かう道の真ん中に立ってみると、それはまるで滑走路のようです。 この滑走路をつかって、また今日も私達は飛び立ちます。多くの病院が努力を重ね、飛翔しようとしているように…。

 

私たちは常に飛び立ち、飛び続けていく必要があるのだと思います。いまは飛び続けることでしか、自らを飛躍させることはできないと考えているのです。


小型で、航続距離はあまりながくはないかもしれませんが、給油を続けながら、私たちもさらに飛び続けていこうと決めています。

 

強くなるために

f:id:itomoji2002:20210710102538j:plain



あれもやりたい、これもやりたいと思います。しかし、実際にはあれもできていない、これもできていないという現状です。いま、大切なことは強みをみつけ、徹底的にそれを伸ばすこと。

 

足元を固める必要があります。


まずは、自分のなかでの強み(主観的強み)を認識することで足ります。自分が本当に好きなことが強みになります。本当に好きなことであれば、寝食を忘れてそれに没頭できる筈ですよね。そうすれば、それは自分の得意なものになり、必ずいつかは本当に強くなります。

 

「いつかは」で納得できないのであれば、いつまでに自分がここまで行きたいというレベルに到達できるよう、期日を決めて行動すればよいのです。

 

なお、得意だけど好きでないこと、好きではないけれど出来てしまうことも強みかもしれません。人よりも明らかに長けていることは強みです。長けているかどうかも、自分できめればよいと思います。でも、好きなことを強みにするのが一番幸せですね。

 

ただ、自己満足の可能性もあるので主観だけでなく、客観的に評価されることも必要です。そうすれば強みは真実に近づきます。何かの強みに対しどれだけの評価を得られるのか、自分の好きなこと、得意と思うことを、常に他人の目にさらすのが大事です。


客観的レベルの評価(客観的強み)を得たのち、それよりも上に目標を設定することも大切です。これが自分の強みなんだと自覚し、他者からも評価され自信をつけて、それをさらに伸ばそうと行動することで、より強い力になるからです。

 

ということで、好きなことと、うまくできると思われるものを見極め、それに力を入れることが強い自分をつくる第一歩です。そこから絶対的に高い評価を得ることができるように、それらを高めていく。それは自分の仕事の軸になり、また生活の柱にもなります。

 

趣味が認められて仕事になるということもありますが、一般的には仕事のなかで強みをつくり成果をあげて評価され、登用されるということのほうが多いでしょう。

 

いまの仕事を一つ一つ強みにして成果を上げ、認めてもらえるようレベルを高めていくことが必要です。

 

最終的にはその道のスペシャリストになること。独立していても組織にいても、この段階になれば、間違いなく自立できています。一目置かれることや、説明したようにそれで「飯が食える」といった状況もつくれます。


ここまでくれば、さらにそれを深堀りするか、水平展開するかを考えることができます。一つの強みを核として、連関した領域において次から次へと自分を成長させることができるようになります。ポイントを掴めるスキルも身につき、ゼネラリストとして活躍もできるでしょう。

 

自信をもって強い自分をつくることができる段階に到達できます。


力があるのに発揮できない、メンタルな問題があるケースも、十分に考えられます。他の心配や健康の課題があるときには、それらを事前に改善する必要があります。ただ、本来はこれらは日頃から留意し、そうならないようにしておくことが大切ですし、そうできるようにセルフコントロールしようと思うところから、自分を精神的に強くする闘いが始まります。


必要なことは、ささいな好きなこと、ちょっと人よりできることを見つけ、徹底してそれらを深堀すること。これができれば、誰でも可能性をもてます。多くの仕事でうまくいった人をみていると、努力を人の何倍も行うだけではなく、紆余曲折はあるものの、これと決めたものに力を入れて一点集中、一点突破を図っています。

 

日々懸命に仕事に取り組むとともに、到達点を決め、いまをみて、何が不足しているのかを評価したうえで、計画的に何かを継続する。前述したように、そしていつまでに何をどのように達成するのかといった期日管理を行うことが有効です。

 

選択と集中を行うこと。あらゆる意味で厳しい環境を迎え、その状況をつくれる人でなければ、時代を乗り越えていくことが難しいと考えています。不確実で不安定な時代、もちろん利己的になってはいけませんが、まずは、自分が強くなることを考え行動する必要があります。

 

なお、そうはいっても現実には、好きではない、また得意でもない仕事もしなければなりません。他のものすなわち、好きでもない、長けてもいないものについても、仕事として、義務として、役割としてしっかりとよい成果をあげていかなければならないのです。

 

そんなときでも好きなことを封印するのではなく、いまの仕事は仕事で自分に与えられた役割を果たす。その上で自分の時間や仕事のなかに、好きなことや比較的長けていることを織り込みつつ力をつける、というやり方 で自分の土俵へ仕事を誘導することも可能です。

 

いずれにしても、好きなものと、比較的得意なものを明確にして、それを伸ばし成果をあげてスペシャリストになるといった一連のながれをイメージし、第一歩を踏み出すことが求められます。

 

と、考えてきましたが、この10年を振り返り自分の思い通りに強みを伸ばし仕事ができたかというと疑問があります。結局、ここで書いたことは一生かけても満足できる場所には行けないことなのかもしれません。

 

これからも前向きに、挫折と挑戦の繰返しの人生を、自分なりに続けていきたいと思います。