よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

表彰式に見る結束力

いろいろな問題を抱えながら、オリンピックが始まりました。 真夏になりつつある気候に多くの外国人が辟易とするなか、日本は期待を超えて、メダルを積み上げています。メダルの数というよりも日本選手の頑張りには目を見張るものがあり、メダルを取る取らな…

夏祭りと思い出

真っ青な空の下、うだるような蒸し暑さのなかに、セミの声聞いたり、木陰で微風を感じるとき夏を感じます。ときどきの夕立が空気を洗い流してくれることもあり、この季節は、心爽やかに通り過ぎていきます。そんな夏の思い出は格別で、春や秋、冬の思い出も…

今と未来をみる

雲海が波打ちながら、境界線の曖昧な青空に吸い込まれるように果てしなく広がっています。これが現実であるのか。この世のものとは思えない不思議な光景です。自然の雄大さや威厳に心を打たれます。 しかし、今見ている景色は宇宙の広さを思い、銀河系のなか…

整然と雑然

整然とした金融街である中環(セントラル)と雑然とした商業のエリアである尖沙咀(チムサツイ)にはどちらにも活気があります。 ロンドンのシティの一部を切り取ったような金融関係のビルが林立さるセントラルや隣の金鐘(アドミラルティ)の一部には外国人…

画一性から多様性へ

時代の移り変わりにより、過去の価値観が役に立たなくなることはたくさんあります。成功体験は、そこに至るまでの当時のプロセスや自己実現の歴史として意味があるものの成功に再現性があるかといえば、疑問が残ります。社会や環境の変化を機敏に捉え、その…

飛翔そして飛躍

毎日のように医療の現場にいると、常に病院の盛衰に行きあたります。伸びる病院と伸びない病院。そして膝を折る病院と立ち上がる病院。そうした病院の戦略や行動へのサポートを行うことが弊社の役割の一つであることはいうまでもありません。業績をあげるた…

強くなるために

あれもやりたい、これもやりたいと思います。しかし、実際にはあれもできていない、これもできていないという現状です。いま、大切なことは強みをみつけ、徹底的にそれを伸ばすこと。 足元を固める必要があります。 まずは、自分のなかでの強み(主観的強み)…

その日に向かって生き抜くこと

以前、「像の背中」という映画を観ました。役所広司と今井美樹が夫婦役で共演です。 余命6か月を宣告された役所広司が、180日をどう生きるのかという映画でした。象のように死を覚悟したとき、誰にもみつからないように死に場所にいくのではなく、皆にかか…

イノベーターの4つの条件

「イノベーションの作法」という本を読んでいます。ナレッジマネジメントの野中郁次郎と勝見明が著者です。この本は、過去の常識にとらわれずブレークスルーを行いイノベーションをした事例をいくつもあげて、その背景に流れるものを整理し体系化しています…

権限と責任

組織は人により構成されます。役割により、職位は管理職、監督職、一般職に分類されます。 病院であれば、理事長、院長や副院長、事務長や看護部長、診療支援部長といった者が管理者に該当します。その下位に師長や課長などの中間管理職(監督職)があり、一…

病院改革の考え方

体系的な病院マネジメントの必要性が理解されてきました。 それは病院の医師やスタッフを懸命に働かせるためにあるのではありません。病院マネジメントは、 地域のマーケティングを行う、 病院のSWOT分析を行い、どこに進めばよいのかについて強みを伸ばす方…

ビジネスパーソン6つの視点  

思いをもち、やりたいこと、やらなければならないことを決め、その実現のために力をつけるとともに、多くの人々の役に立つことで、彼らから支援を受け、成果を挙げるのがビジネス成功の要諦です。 ビジネスパーソンは自分を鍛え得意分野をつくり、他者との関…

愛をもって生きること

10年以上前にシアタークリエで、「異人たちとの夏」という舞台を見ました。演出家は、「幼い頃死別したはずの、父母とそっくりな夫婦と出会う。そして、彼らとの交流の中に、無償の愛を発見していく。同時に、新しく現れた年下の恋人との間にも、深い愛情が…

組織一丸となって

病院の経営は、マネジメントサイドが行う、という思考ではなく、前提として一人ひとりの医師の思いとのすり合わせ、あるいは議論が必要だと思います。従来からマネジメントサイドが病院の戦略を決め、枠組みを設定し、そのなかで医療を推進するという手法が…

医師と病院マネジメント

私には尊敬する医師が数多くいますが、そのなかの一人と話をしたときに、マネジメントが話題になりました。 ある医師は、ながく院長経験をもち、成果をあげようと努力をするプロセスにおいて、自然と病院マネジメントはどうあるべきかを考え行動して、もとも…

新宿の雑踏に生まれ、育ち、生きる

私が生まれたのは、歌舞伎町にほど近い明治通り沿い、職安通り近くの、今はオフィスビルになっている日赤産院でした。 当時のことを詳しく覚えている由もありませんが、小学生の頃から歌舞伎町の雑踏に足を踏み入れ、中学校の頃には友人が多かった新大久保の…

4つの先回りの徹底

「相手よりも先に物事をしたり、考えたりすること」を先回りといいます。今回は先回りについて考えます。 ここで、先回りの検討を行うとき、「先回り」を広めに定義します。「相手」は、人や組織のみならず時代や環境と捉えること、そして「物事をしたり、考…

原因と結果の循環

物事には原因があって結果がある、というのは誰でも理解できます。 ところが不都合なことが起こると、それは自分のせいではなく、他人や環境のせいである、とする人がいます。自分に不利益なことは、他人や環境のせい(原因)にして自分の責任を逃れることは…

ビジネスはアートだ

ビジネスとアートをテーマとした書籍が数多く出版され、また両者の関係がさまざまなところで議論されています。「アートをビジネスに活かそう」という文脈です。今回のテーマです。 たまに美術館に行きますが、門外漢の私がアートについて深く語ることはおこ…

業務改善を行う4つの意味

クライアントで業務改善のレクチャーを行いました。概要を紹介します。 改善とは、より好ましい・望ましいものへ改めること、およびそのための創意工夫の取組みをいいます。 それは、業務を見直し、現状の業務をよりうまく、より早く、より合理的に(安く)…

うまくいく4つの手順

事業経営をうまく行うためには、うまくいく道理(物事の正しいすじみち)、や原理原則(基本的な決まり)を知ることが大事です。 ビジネスでいえば、どんな事業であっても、収益をあげ費用をかけないことで利益やキャッシュフロー(以下CF)を得ることが必要…

漏れなくダブりなく

仕事をしていくときに、大切な考え方はたくさんあります。 何かを分析したり、何かの行動をとるときの「生産を実現するための効率的な考え方」をビジネスフレームワークといいます。フレームワーク(framework)、枠組みです。 ご存知のPDCA、SWOT、ロジック…

働く5つの理由

各職位において職務として求められる成果を挙げ組織目標を達成することが、組織構成員の義務であり責任です。 ここで仕事を進めるうえでどのような価値感が、自分を支配しているのを客観視することが重要です。価値観のバランスが偏れば求める成果を挙げるこ…

否定の裏側

先日クライアントから「複数の幹部がトップの決めた事に何でも拒否をするので困る。なんとかならないですか」と相談を受けました。 拒否をする人について考えてみます。 どのような組織決定事項でも否定する人がいます。「いやそれは」、「そうではなくて」…

チームでの仕事の大切さ

先日、弊社の業務の一つとしてのデューデリジェンス(DD=[対象法人の]事業・財務調査)を行いました。 マーケティングは医療コンサルタントのAさん、データ分析は税理士資格をもつOさん、会計監査は会計士のNさん、そしてマネジメント評価や総括、課題整…

荒野に生きる黒ヒョウを見た

ホテル業を営むクライアントがあります。 別府温泉の駅前や駅近に4つのホテルと海側に2つの旅館を運営(他にも近くにいくつかのビルやアパートも保有)しています。駅のホームに立つと目の前にクライアントのホテルが3つ見えますよ。 最近、縁があり熊本に…

仕事する人の3つのタイプ

何かを行うためには、 行なうべき到達点(Attainment)を明確にする そのことに対する現状(State)を分析する 到達点と現状のギャップを確認(Confirmation)する そのギャップを埋めるためには何をすればよいのか解決策(Solution)を考える 解決策の実行…

やりたいことをやるための3つのルール

毎日、朝家を出て仕事をしていると、あっという間に時間が経ち、気付くと夜になっていることがよくあります。自宅に帰り夕食をとると、そこからベッドに入るまでのルーチンをこなすだけで、あ、もうこんな時間という感じで一日が終わってしまいます。 食事の…

前だけを見つめて生きる

私を含め、自分ではじめに決めたことをやり通せない人は少なくないと思います。 どこかで妥協し、適当な着地点を自分でつくってしまうからです。失礼かもしれませんが、それはまるでアホウドリがどこからか持ち込んだ藁で巣をつくるようなものです。 海辺の…

小さくて大きい

私たち人間は一人ひとりをみると、とても小さな存在です。 しかし人間の力は無限です。 多くの人々が努力し変革を促し、文明をつくり文化を発達させてきました。また、科学技術を進化させ、生活を改善してきたのです。 その結果として国により差はあるものの…