よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

収益は単価×患者数だが、患者数が大切

f:id:itomoji2002:20200218104144j:plain


 非営利組織(「非営利」は出た利益を分配しないという意味)であっても組織継続のために、病院は利益を出さなければなりません。利益=収益―費用です。

費用の管理は適切に行なう(別途説明します)としても、収益がなければ利益を得ることはできません。

 

病院収益は、外来収益と入院収益から成り立ちます。さらに健診や人間ドックやその他の収入が追加されます。

ここで重要なことは、収益=単価×患者数であることです。単価は診療報酬で決まります。どのような医療行為を行うのかを計画し、施設基準等に合致した診療報酬が得られます。

 

 なので、外来単価にしても日当点(入院単価)でも単価については、どのような診療活動を行うのかに依存して決定します。自院の経営資源を分析し、できることをすべて行い最も高い点数を得られるよう職員の配置や施設基準の確保を行うことは、組織の重要な戦略の一つです。

多くの病院がそうした対応を行うなか、診療報酬に合せた単価アップが病院マネジメントの最重要領域になっています。

 

 しかし、実は、より大切な最重要課題は患者数です。患者がどれだけ来院するのかが病院の評価であり、業績に大きく影響することを忘れてはなりません。

 患者がより多く来院する病院であるためには患者の信頼を得ることが必要です。質の高い医療を提供することが信頼を得て患者増を誘導します。

 

質の高い医療は、医師だけで達成できるものではありません。職員全員の患者に対する対応や、その背景にある思想や技術を日々高めるマネジメントが必要です。

仕事の仕組みを常に見直し、やる気になった職員一人ひとりが役割を果たせなければなりません。当院は何をする病院なのか、どうすればそこに到達するのかを戦略として、事業計画を立て具体的に、その達成ができるまで行動するです。

人事や医療で使う道具、そして決めた通りにできているかどうかのモニタリングの仕組みづくり、直接的な地域での連携など、ガバナンスを駆使して行なうべきことはたくさんあります。

 

対象となる患者に最適な環境をつくり、それを地域に提供することが医療の本質であると再考し、決めた方向に進むことで、多くの患者の来院を促します。

 収益=単価×患者数という公式の背景に、病院マネジメントの本質があることが分かります。