よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

中間管理職の育成について

 組織は、ある目標を達成するためにつくられています。組織目標を達成するためには人が経営資源を最大活用する必要があります。

 とりわけ中間管理職の役割は大きい。組織をうまく機能させるために中間管理職が育成されなければなりません。病院という組織においては現場を動かすマネジメント(運営)が必要です。運営はPDCAが基本。

 組織の進む戦略を決定し、方針を出し目標化します。それら超短期、短期、中期、長期の目標を達成するために活動します。①現場のマネジメント②部署のマネジメント③業態固有のマネジメント④病院全体のマネジメントが必要です。
 
 それぞれの役割を果たすかたちで、マネジメントを組織の各階層が行うことにより組織は維持、発展します。組織には機能として管理者(トップ)、監督者(ミドル)、一般(ボトム)があります。トップが病院全体に対する意思決定を行い、ミドルはそれを受けて、それぞれの部署の目標を達成するために意思決定を行い行動します。ボトムはミドルの指示に従い、個々人が意思決定を行いながら現場の目標達成行動を行います。

 トップが決定した事項をミドルが正しく把握していなかったり、うまく意思決定に活かせない。またボトムに対する指示が的確に実施されなければ、組織は動きません。

 ミドルは、自らが預かる部署目標達成のため、
①病院全体のマネジメントを理解し、
②他部署との連携をとりながら
③組織目標を達成するために
④計画的に
⑤マネジメントにより現場を動かさなければなりません。

 ミドルを別の名称でいえば中間管理職。中間管理職がうまく機能しなければ、組織が成り立たないことが分かります。

医療環境は、とても厳しく大きく変化してきています。
多くの病院が現状を維持するためには努力をし続けなければならない状況となっています。このなかで、当院はどのように成果をあげればよいのか。病院をあげて考えます。

中間管理職は、
①病院の現状と未来を見据え
②よりよい医療を行い地域貢献するために、
③病院の機能を最大限活用し、
④トップの出した方針を自部署の役割に変え、
⑤自部署の課題を解決するなかで
組織目標を達成するための行動をとらなければなりません。

 過去から培い地域貢献を行ってきた当院の実績を踏まえ、さらにその使命を果たすために、中間管理職としての誇りと責務をもってその役割を果たしていく必要があります。

 医療は知的労働集約的産業です。人がもっとも重要な経営資源です。彼らが他の時間、情報、モノ、カネといった経営資源を最適化し、全体として成果をあげていきます。中間管理職の育成が行われない病院は、単なる個人の集合体としての機能しか果たすことができません。

 中間管理職があるときには現場の責任者として率先して組織の成果をあげていくし、あるときはリーダーとして部下を統率し組織力を発揮させます。組織の要としての役割を縦横無人に果たすことにより、組織全体のけん引力として機能するのです。

 中間管理職育成に力を注ぐこと。時代を乗り越えるもっとも重要なマネジメントが行われるべき事項です。