よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

自然のなかで

f:id:itomoji2002:20210508210139j:plain

休日でしたが、あれこれあり、夕方近くに帰宅しました。
ふと思いたち、自宅のそばにある境内に来ました。空気が澄んでいて、深呼吸をすると肺胞の隅々まで生き返るようです。
 
砂利道を数十歩音を立てて歩き、静かに誰もいない小さなベンチに腰を下ろします。
 
喧騒から離れ、こうして自然のなかに身を置き、春の緑や鳥たちの囀ずりに触れていると、心からの安らぎを感じます。なんて気持ちがいいんだろう。
 
見渡すと空が隠れるほどの木々に覆われています。下に目をやると、やがて夜になれば消える運命の木漏れ日がオレンジ色に地面を染めています。
 
目を凝らして見ると、木漏れ日は、空気のながれにかすかな音を立てて、まるで生き物のように揺れていました。
 
木漏れ日は曇りの日には消え、晴れには明るく揺れるもの。時々に形を変え同じ姿を続けることはありません。
 
それは、まるで人生のよう。人の一生大きく環境にも左右され、自分では抗えないこともあるからです。しかし、人には天候や自然を越えて自ら行動できる力もあります。自ら環境を変えることもできますよね。
 
そうはいっても振返れば人生も瞬く間に過ぎてしまう、宇宙の営みからすればはかないものであることは間違いありません。
 
ただ、人生はうたかただからこそ、誰にとっても大切にしなければなりません。これからどんなことができるのか分かりませんが、この世に生を受けた限り、日々を充実して、思いをもって満足できる行き方を選択する必要があります。
 

木々の間を通りすぎ、ほんの少しひやりとする風にふかれながら、そんなことを考えていました。リフレッシュするために、時には自分の身を置く場を変えていろいろ考えることも無駄ではないと分かります。

 

これから、現実の世界に戻ります。