よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

患者さんが目の前にいれば医療は成立してしまう

 多くの病院で、理事長や院長にマネジメントスキルをもて、というのは難しいことです。彼らは医師として十分に成果をあげ、いまのpositionに存在しています。優秀なスタッフがいれば、病院は大きく変わることができます。それで良しとしてきたのが理事長であり、院長であると考えています。

 もちろん、マネジメントに長けた理事長や院長もたくさんいらっしゃいます。彼らは属性として、あるいは興味や必要性に迫られて学習し、自ら経営者としての資質を身に着け、経験し、学びそして一流の病院経営を行うことができるリーダーとしてその地位をかためます。しかし、その場合であっても、やはり側近に優れた事務長や副院長がいなければ成果をあげることができないケースが大半であると考えます。

 人を採用できるのは、運であるという経営者がいます。確かにとても優れたスタッフに出会うのは運もあると思います。しかし、運は自らの命が引き寄せるのであり、なんとかしたい、もっと良い医療を行いたいというトップの思いが伝わり、自然とあるいは必然として、適切な人が集まってくると考えることができます。

 いずれにしても、医療は労働集約的産業であるといえます。人がすべてをつかさどり目標を達成します。仮に組織がなくても、設備がなくても、スタッフがいなくても、優れた医師がいればあるものを使い、何とか治療をしたいと願い、活動するでしょう。震災のときの日本中から集まった医師は、リーダーがいなくても、自然に皆で意見をだし、限られた時間のなかで最大の成果をあげようと職種を越えて協力し合い、成果をあげてきました。

 写真もとれない、検査もできない、しかし自らの知識とバイタルチェックを以て、仮説を立て、できる範囲で検証しつつ、診断をしてそのときのベストの治療を続けてきました。まさに医療人として、目の前の患者さんを助けることだけに注力した尊い医師や看護師、コメディカル、事務職の人々がそこにいたのです。

 ここにすなわち医療は医師がいてスタッフがいれば、ある程度の成果をあげることができてしましまいます。いわんや医療機器があり、医師の診断のエビデンスがとれ、十分な薬剤や医材があり、滅菌された機材があり、道具があり、そして手術室があり麻酔医がいれば、手術はできてしまいます。
 医療はマネジメントがなくても一定の成果をあげることができるのです。


 しかし、だからといってそれらがベストプラクティスではありません。そうであることも稀にあるかもしれない。しかし、マネジメントが脆弱であれば、人を育成する、モチベーションを継続する、合理的に医療を行う、無駄なコストを使わない。もっとも有効な治療を行う、重点的な投資を行う。留保を行い、将来の処遇改善や投資に備える、といったことができません。

 結果、医療は行えても組織を維持することができなくなるのです。うちはいろいろなことをしているからマネジメントは大丈夫というのは大きな誤解であることが判ります。医療が日々行われていることをもって医療資源を最大活用し、全体最適を得ていると勘違いしてはいけないのです。

 病院経営には、病院経営の科学があります。マネジメントには枠組みがあり、そのフレームワークに沿って運営が行われることが必要であり、それができてはじめて、時間、情報、人、モノ、カネがうまく使えることになるのです。

 現場での業務がうまくできているのか(現場マネジメント)、それらの部署をまとめる各部門はうまく管理されているか(部門マネジメント)、そして業態固有の、DPCならDPC、医療療養であれば医療療養、精神であれば精神といった業態固有のマネジメント(業態別マネジメント)、そして病院全体の戦略や方針、事業計画立案や経営方針の提示、目標管理の展開や各種医療ツールの整備といった組織運営のためのあらゆる行動を計画し、誘導し、成果をあげるマネジメント(組織マネジメント)を徹底してそれぞれの目標を達成できるよう、マネジメントをしていかなければならないのです。
 
 そもそもマネジメントとは何か、ということを知らない理事長や院長に、うまくマネジメントを行うことができるはずもありません。マネジメント不在の病院にコンサルティングで入ると、従来行われていなかったマネジメントが多数あることに気が付きます。

 病院はマネジメントがなくても動く。しかし、それで最大の成果をあげていると理解するのは大間違い。病院には病院としてどのような経営のフレームワークがあればよいのか、そしてそれをどのように使い成果をあげていけばよいのか、真剣に考える時期がきたと考えています。