よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

空からみた実存(exist)

イメージ 1

イメージ 2

 飛行機に乗り思うことがあります。

 そもそも、人は、この世に生を受けてから、自我をもち、ある段階までは一定のながれにのり、ある時点から自分の意思で何かを決め、そして他者からの絶対的な影響や、支援を受けて生きていきます。

 結局自分が個体として意識を持ち、活動していくため、どうしても自分が中心になることはいたしかたないことです。しかし、実際に社会のなかで自分が与える影響は通常は軽微であり小さい、ということに気がつかなければなりません。

 巨大な組織の長であったり国政の長であったとしても、日々の国民の生活のなかで彼そのものの影響を緻密に分析してみれば、ある意味あまり大きな力をもたないのかもしれません。

 彼らを支える組織や機能が有効に機能して、その意思を反映した活動を行うのは、他の多くの人々であり、他者がもつ役割があるべきかたちで行使されて成果が得られるのだと思います。

 もっとも政治の世界は、今の日本では期待すべくもありませんが、ある意味微妙で、国士たる人物が一人いれば、国を動かし、変えていくことはできるのではないかという考えもあります。

 ただ、一般的には、いかに大きな権限をもった者がいたとしても、日々の生活は多様であり、ありとあらゆる与件が影響し合ったかたちで物事がなりたっているのだと思います。

 自分が何をするのかという強い意志をもち、自らを鼓舞しながら人生を生き抜くということは、例えどのような生まれ方をしたとしても尊いし、また誰からも尊重されるものだと思います。

 ただ、結局は自分一人だけでは生きられない、自分の意思を意志として伝えつつ、多くの他者に支えられて自分は生かされているんだということだと考えるのです。飛行機に乗ると、それがよく理解できます。

 いかに自分の存在が小さいものか。無力かということが解ります。生きていること、生かされていることの認識が必要です。であれば、何を自分は役割として負うことができるのか。何をするために生かされているのかというところに行きつきます。

 享楽的に生きるのも人生でしょう。利己的に生きていくのもまたその人の価値観かもしれない。しかし、自分は自分でありながら自分ではないということに思いを寄せるとき、やはり社会のなかにおける自分が提供できる価値や機能について考えざるを得ません。

 後に後悔をしないために、自分が与えられた、意識をもって心に決めた、やらなければならないことをやり続けること、ほんの微々たるものかもしれないけれどもやるべきことを軸として生きていくことが人なのではないかと思うのです。

 心に決めたことは、過去や経験や知識や他者からの影響など、さまざまな要素により、そのつど、あるいは確定的につくりあげられています。

 それはある意味自然に下りてきたものであり、場合によってはそうなるように生まれたときからこうなるように仕組まれていたものではないかと思うこともあります。

 自分に枠をはめるつもりはありませんが、生かされているというとはそうしたことではないかと思ったりもします。

 地球が浮いていることも、銀河系があることも、宇宙があることも、人間が存在することも、すべて人知の及ぶところではありません。なぜここにいるのか、といった思いではなく、何をするために生きているのかという思いに至ります。

 空の上にあり、俯瞰して地球を見下ろすと、いまの自分を問い直す機会をもつことができます。