よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

2010-02-07から1日間の記事一覧

JALがんばれ、病院もがんばれ

日本は大きく変わらなければならない。 「診療報酬が10年ぶりにやっと上がった」「病院は大変な環境のなかで経営をしてきた、いままでは大変だっただろう」ということはまやかしだ。 実は公的病院はすでに税金による補助金を使い、病院を支援し続けてきた…

ゲームセンターの役割

先日、久しぶりにゲームセンターに行きました。 昔はよくお世話になったものです。そもそも、大手ボーリングチェーンのコンサルティングをしているときは、一つの部門としてゲームセンターのマニュアルを作る仕事もしていました。 いまTVでよく見かけるボ…

小さな残骸

自宅のある街に雪が積もりました。 夜が明ける前に街をでて、久しぶりに帰宅するのは大抵深夜になります。 静寂のなか、冷たい空気に緊張しながら歩いていると、もう少ししか残っていない雪たちの残骸に出会うことができました。 消えるのを惜しむように、あ…

業務改革の進め方(1)

以下、ある病院での業務改革を進めるにあたり、使用した資料を提供します。 1.はじめに 業務改革を進めるにあたっては、業務改善になるか業務改革になるか判らないけれども、問題がある都度、それを報告するシステムを整備することが必要です。 クレーム報…

DPCは何のためにあるのか(1)

DPCについて全体を俯瞰しなければ、何のために包括での医療が必要であるのかを理解することはできません。高密度で質の高い合理的な医療を行うことがDPCの究極の目的です。これらについて、数回にわたり、説明していくことにしましょう。 DPC5段階…

霊峰富士の思いのなかで

今日は滋賀での仕事のため新幹線で移動をしている。 日曜日であるからか、乗客はとても少ない。 雪のため、20分遅延しているというアナウンスを聞き、少し憂鬱になりながら車窓を眺めていると、富士山が突然と視野に入る。 富士山をみると、すぐに霊峰富士…