よい病院、よくない病院の見分け方[石井友二]

マネジメントの巧拙が、病院の良し悪しを決めます。多くの病院コンサルティングの成果をお伝えし、自院の運営に役立たせていただくことを目指します。職員がやりがいをもって働ける環境づくりも、もう一つの目的です

どう生きるのかの決定を支援する組織

f:id:itomoji2002:20210501212949j:plain


今の仕事が大変で、余裕がないとすれば、その仕事を8割の力で行えるように工夫し時間を創ることが有益です。

 

  • 優先順位をつける、
  • 段取りをとる

 

ことで計画的に仕事を行うことが必要です。

 

仕事のやり方を変えたり、無駄な時間をなくすことも付随して実施して2割の時間を捻出し、この2割を自己成長のための時間とする必要があります。成長し続けることにより、必ず組織や時代に残れる人材になれます。

以前、長崎ハウステンボスを立て直したHISの澤田会長が、雑誌でインタビューに答えていました。その趣旨は、「同じ人員で1.2倍の仕事をすれば、コストを削減したのと同じ。そうして成果を挙げた」、ということでした。

結局は、

  • 一人ひとりの従業員が力をつける、
  • 短時間で同じことができる、
  • いままで以上のことができるようにしていく

ことが必要です。

そこに必要なのはビジョンや戦略、具体的な方法による訓練と鍛錬です。

やりたいことをやる、思いを信念に変え、信念を背景にした集中と行うべきことを繰り返し行う癖を日々のなかに持てる人と持てない人の差は大きいものがあります。両者の差は時間が経てばより大きくなることは明らかです。努力をし続けた人とそうではない人の3年、5年後は驚くほど違うことになるでしょう。

 

価値観の相違もあり、働くことに人生の価値をもてない人もいるかもしれません。しかし、働いている限り、同じ時間をどのように過ごすかどうかは価値観ではなく人生観の問題です。少なくともその時間を排除できないとすれば、楽しく充実して生きたほうが人生にプラスになることはいうまでもありません。

そもそも組織は成果を挙げようと努力しているなかで、力を発揮できない人は組織から捨象される可能性があります。役割を果たせない人は生きてはいけないのです。

組織目的を達成するという意味では、従業員もその目的に対し、合目的的に生きなければならないのです。仕事を離れ組織の埒外ではどのような生き方もその人の自由であるのは当然のことですが、組織が求めているものに反駁して生きて組織のなかにおける役割を果たさなければ、当該組織での存在意義は薄れてしまうし、そこに所属する意味がないからです。

どう生きるのかを決めて行動しなければなりません。

 

厳しい時代、組織運営における従業員に求められている考え方であり、多くの組織が直面する問題でもあります。組織も、上記のように考えられる従業員を育成する必要があり、そのためのビジョンや戦略、従業員のやりたいことを受容れた目標や役割の設定、支援体制整備が必要となります。組織目標の達成は、マネジメントの巧拙に依存することを忘れてはなりません。